2018年8月23日木曜日

【短期連載その18 ご清覧ありがとうございました!】

本日から娘の小学校が始まったので、我が家の夏休みは終わりです。
わー、夏休みから解放されたー、というほど子どものために何かしたわけではないので、そんなに開放感もないし、おまけに今日は台風が近いのか雨風すごいし、なんだか変な夏休みの終わりである。


休みの締め、というわけでもないのですが、昨日は娘と「カメラを止めるな!」を観てきました。とても良かった。多くの方が言っていることですが、できるだけ前情報なしで観た方が楽しめます。予告編も公式サイトも週刊誌の諸々もひとまず置いて、取り敢えずご覧になったらよろしいかと、、多くの人のよすがになりそうな映画だと思いました。

firmamentiaとしては、10月にNatural*Artさんにてお洋服展、12月にクリエーターズマーケット出店を予定しております。また新たな作品ができましたら見てやってくださいませ(ここのところインスタが更新一番早いです)。

ではでは、少し早いですが今年はこれにて短期連載終了させていただきます。毎年毎年変わりばえしない内容にお付き合いいただき、誠にありがとうございました!気づけば今年もあと4ヶ月と少し、どうぞお大事にお過ごしくださいませ。

娘が夏休みに消しはんを彫ったのでその残りで作ってみました。難しい、、

2018年8月21日火曜日

【短期連載その17 イチチ】

ここ数年、月一で頭が割れんばかりに痛い日があって今日がその日で夕方までウーウー言っていたら、突如「クリーニングに出した息子の制服一式を取りに行く」という概念が降りてきたので慌てて閉店30分前に取りに行ってきました。定休日じゃなくて良かった、、体操服で学校に行く羽目にならずに済みました。ほんとこういうとき、普段息子に対して偉そうなことばかり言う自分が恥ずかしい。いくつになっても失敗と失言ばかりだよ、、



話全然変わりますが、前回のクリエーターズマーケットで平面駐車場を取るため早めに家を出て、夜中名港トリトンを渡っているときにFMラジオから流れてきた曲が気になってずっと探していてようやく見つけました。メジャーな方だった。夜中にひとり、臨海工業地帯を一望できる場所をドライブ、BGMこの曲、これがいわゆるひとつの私のツボである。これで私が中年のおばさんじゃなくて長髪の頃の綾野剛だったら完璧です。はー頭いたいー

2018年8月19日日曜日

【短期連載その16 手練れになりたい】

てなわけで(昨日からのブログの続き)昨日は寝不足が祟って情緒が安定するのに時間がかかったことを踏まえてお読みいただけると幸いです。あの後、終わっていたと思っていた息子の宿題、実は面倒な部分がすべてすっ飛ばされていたということが夜中に判明し、腹立たしいやら情けないやらで久々に怒りを露わにしたら、突然さめざめと泣きながら「僕なんか、、僕なんかもう居ない方がいいんだ、、」と言いだしたのでなんかこちらも慌ててしまってエッなんかごめん、生きてるだけで丸儲けだよ〜健康で長生きしてよ〜宿題の空白部分はもう君に任せるから自分で考えてね(私)、うんわかったごめんね(息子)(握手・大団円)となりました。で、それ以降1秒も机に向かわなくてエッエッ?となっている。任せると言った手前なにも言えないので夫に目配せしたら、息子のところに行き「やればできる、は魔法の合言葉やぞ!」と何度も言っていたのでそれは何かと問うたら、済美高校の校歌だそうな。甲子園中継で何度も聞いているので覚えたらしいです。
それでまあ、家でイライラするのもアレなので、今日は息子と2人で柳ヶ瀬で月一行われるサンデービルヂングマーケット(http://ysbmkt.com/)に行ってきました。出店ブースのクオリティが高い!一通り見終わり、ロフトに寄った後息子が「すごく気分転換になった、ありがとう」と言うので帰ってきてまた様子を見ているのですが、現在畳に寝転がって大の字で寝ています。まあいいか、娘もまだ帰ってこないし私も寝ようかな。。ちなみに私の卒業した高校の校歌には「国家のために明け暮れ学ぶ」という一節があります。現場からは以上です。


本当に素敵なイベント。月一の楽しみにしたいです。

2018年8月18日土曜日

【短期連載その15 ふかふかベッド】

息子は22日、娘は23日に学校が始まる即ちあと数日で夏休みが終わるわけですが、意外、というかなんというか、息子は宿題を全て終わらせているのに対し、娘が全体の6割ほど未だ手付かずという状態になっています。しかも今日の夕方から明日にかけて友達の家に泊まりに行くそうなので、実質3日しか残っていない。どうするのだろう、と思って昨晩から見ていたらなんと明け方4時半ごろまで黙々とリビングの机に向かって宿題をこなしていました。決して褒められたことではないけれども、その根性はすごいな(息子はどんな窮地に陥っても11時には寝る)と、私も始めは甲斐甲斐しく飲み物を出したりして傍で応援していたのだが、徐々に飽きてきて少し離れたところでヘッドホンしてゼルダの伝説を明け方までしていたので、ようよう白くなりゆく周囲が現実の朝なのかハイラルの朝なのか判別も難しく混濁した意識の中いちにちが始まり、同じく寝不足で不機嫌な娘とバトルを繰り返しながら今に至ります。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch
B01N12HJHQ

今RPGってこんなことになっているのかと、ただただ感動。
バトル中にご飯をムシャムシャ食べてハートを復活させることができるのに、武器は何度か使用すると壊れて使えなくなるなど、自由さと不自由さのバランスが面白いです。
バトルだけでなくパズル要素も豊富で、とにかくどこまでも広がる美しいフィールドは、ただ徘徊するだけでも楽しい。

2018年8月17日金曜日

【短期連載その14 最後の一文で挽回可能と思っている】

昨日は自分の持つ某免許の更新のため、某大学まで講習会に行ってきました。私はfirmamentiaを始める前、この免許に基づく仕事をしていたのである。それで現役の人に混じって講習を受けさせていただくのであります。朝5時にカッと目を開け起床、家族皆の弁当を作り7時に出発の時点でもう疲れますよね、軟弱な自分に鞭打ち8時過ぎに大学の講義室に入っていくと、机が6人1グループになるように何セットも丸く並べられており軽く挙動不審になりますよね、全員前を向いての講義形式じゃないんかい。各グループすでに数人着席している状態なので、今日イチの嗅覚を駆使して自分と同じく現役でなさそうな人を探して着席(ビンゴであった)。そうこうしているうちに私の座ったグループにも人が集まり、結局その嗅覚で探し当てた方と私以外は現役の方々でしたが、同じような年代の女性だったので終始和やかな感じで色々な話をすることができました。講義の内容は多岐にわたり、講義終了時には久しぶりに脳みそが破裂せんばかりに疲れていた。もう私には理解できないことが多すぎる、考え続ける忍耐力もなくなっている、、平たく言うと講義のテーマが大人になるってなんだろう、みたいなものだったのですが、講師の方のいでたちがシアサッカー地の半袖シャツにサルエルパンツ、裸足にサンダルだったのでほんと大人ってなんだろうと思いました。こんなん書いたばかりに昨日分の単位落としたら嫌だなあ。。全体的には普段得難い経験ができたと思っています!

2018年8月15日水曜日

【短期連載その13 螺旋】

お盆ということもあり、子どもたちを連れて実家に遊びに行きました。旅行で呉市に行った話をしていたら、その流れて祖父の話になり、祖父はやはり呉で大和の造船に関わっていたそうです。大和(に限らないかもしれない)の砲筒の中はらせん状になっていて、そのらせんの溝に沿って砲弾が出るようになっているらしいのだが、小柄な祖父は砲筒の中に入り、その溝を削っていたそうな。そのあと何やかんやあって豊川海軍工廠に移り、そこにある幾つかの工業機器を空襲から守る為、数人で長野まで疎開させている間に豊川空襲があり、工廠は壊滅、終戦、田舎に帰ってリウマチの持病がある娘と結婚、子をもうけ、富山、豊橋、岐阜と移り住み、退職し、働く娘の代わりに孫の面倒をみて、惚けてきた妻の面倒をみて、妻の最後を看取り、デイサービスに通い、デイサービスで呉の、豊川の、若かった頃の自分の話を何度もして、ある日いつものように晩ご飯を食べて、その夜半あの世に行きました。もし工業機器を疎開させる役目を担当していなかったら、もし呉にそのままいたら、もしあのときこうだったらああだったら、母も生まれず私も私の子どもたちも生まれていなかったかもしれない。同時に、もしあのとき空襲に遭わなかったら、戦地に行かなかったら、もう少し早く終戦を迎えていたら、好きな人と結婚していたかもしれない、子どもや孫をもうけていたかもしれない、やり甲斐のある仕事に就いていたかもしれない人たちが沢山いたのも事実、と思いながら送り火をしました。



2018年8月13日月曜日

【短期連載その12 迎え火】

お盆だからか、近所のスーパーマーケットがいつもでは考えられないほど混雑していました。普段は老人たちがチラホラ・・・といるくらいなのだが、今日はめちゃくちゃ多くの老人がいた。結局老人なんだけれども、その老人たちのもとに今週は娘や息子や孫が帰ってくるのでしょうね。。なんつって眺めている間に、私も年を取ってスーパーマーケットに行って誰かに老人だらけやな!と思われるのだろう。この国最後のマス世代であります。

そんな話はよくて、最近軽くて柔らかい素敵なウールニットをご厚意でお世話していただきまして、今から何を作ろうか色々試しています。丸編みといって、生地が筒状になっているので、それを生かして極力切ったり縫い合わせたりする部分を作らずに何かできたらいいなあと。横編みのニットは、着ている間に重力で下に伸び、着る人の形に合わせて体に沿ってくるので、布帛とは異なるパターン作りの面白さがあります。


簡単にピンで留めてみたところ。生地が筒状なので、前身頃と後ろ身頃は繋がっています。ここから袖の形を決めて、細かいシルエットの調整をして、なんとかイベント等に持っていけたらと思っています。10月に岡崎市のNaturalArtさんにてお洋服展もありますので、じわじわ焦りながらがんばりたいです。